に投稿 コメントを残す

【 レポート 】2021年 FUJI & SUN(フジアンドサン)に行ってきました

2021年、初音楽フェスに行ってまいりました!
去年はコロナの影響で軒並み中止となってしまった音楽フェス……
久しぶりに参加できて本当に最高な時間を過ごせました!

FUJI&SUNは初めての参加だったのですが、
家族連れが多く、とってものどかな雰囲気でした*
2019年より富士山の麓にある「富士山こどもの国」で開催されています。

コロナ対策として当日券などは販売せず、人数も大分制限して開催されていました。
緊急事態宣言を受け、全てのコンテンツを20時までに終了、
混雑しないようにステージ前に列が整備されていたりと、徹底されていて
安心して楽しむことができました!

ステージは3つ。

その他、フードブースや焚き火体験ブース、革製品やアウトドア用品を販売しているお店、
おしゃれな古着屋さん等、音楽以外も楽しめるお店・コンテンツが盛りだくさんでした!
会場の規模感としては長野で開催されている”りんご音楽祭”と同じくらいか
もう少しこじんまりかな?という印象です。

・SUN STAGE
 メインステージ。
 会場の一番奥に設営されていました。
 初日のくるり、
 2日目のTENDREが最高でした◎

フジアンドサン メインステージ

・STONE STAGE
 DJブース。
 旗の装飾が可愛い、こじんまりしたブースです。
 VIDEOTAPEMUSICが聞きたかったのですが、
 テント設営に時間がかかり間に合わず…笑
 皆さん間隔をとって音楽にノッてました♩

フジアンドサン ストーンステージ

・GREENHILL STAGE
 ゆったりした音楽やトークセッションが
 楽しめる新たに誕生したブース。
 唯一着席エリアが設けられています。
 丘の上から聴く青葉市子さんの歌が素敵でした。

フジアンドサン グリーンヒルステージ
フジアンドサン キャンプサイト

キャンプサイトは5つ。

 ・手ぶらで泊まれるキャンプサイト
 ・わけありキャンプサイト
 ・タープ禁止で3つのステージに近い
  グリーンヒルキャンプサイト
 ・フォレストキャンプサイトA
 ・フォレストキャンプサイトB

私たちはフォレストキャンプサイトBに宿泊。
テントサイズは3×8mまでというルールでした。
Aの方が写真で見た雰囲気が良い感じだったので
Aを購入しようと思ったのですが、
早期売り切れでした。
Aは北駐車場とストーンステージが近いようです。
Bは南駐車場が近かったです。

早いもの順でサイトが埋まっていくので
平らでテントが張りやすい場所や
木陰になっている場所は埋まるのが早いです。
12時前には着きましたが、
人気のある場所は大分埋まっていました。
それでも少し地面が斜めってはいるものの、
いい感じの場所にテントが張れました!

炊事場・トイレはキャンプサイトからは少し遠め。

キャンプサイトからは10分ほど歩かなければいけませんでした。

コロナで人数を制限しているからか、
仮設トイレなどは用意されておらず、元々ある公園内のトイレを利用するスタイルで
駐車場にあるトイレを除くと入場した後の会場内にあるトイレは全部で5つ。
キャンプサイトから近かったトイレとステージから近かったトイレの2つしか使っていないですが、
どちらも個室が2つしかなかったので、常に数人並んでいるという感じでした。
それでも長蛇になることはほぼなく、
トイレ自体も汚くはなかったです(綺麗というほどではありません笑)。

キャンプサイトBからは炊事場が近くないので、洗い物は面倒でした。
ウェットティッシュなどでサッと綺麗にしてそのまま持ち帰り、家で洗いました!
洗い物は極力しない前提で食事のメニューを決めれば問題ないかと思います!

夜はかなり冷えます。

5月といえど、夜になるとかなり冷えます。夜用の防寒対策必須です。

キャンプサイトでも皆さん焚き火で暖をとっていました。

焚き火については「焚き火台・防炎シート」を用意すれば
全キャンプエリアで焚き火可能というルールでした。

私たちは荷物を極力減らそうと焚き火はしない前提でもっていかなかったのですが、
予想以上に寒かったので持ってくればよかったと後悔しました…笑

家にある焚き火台がスノーピークのものでかなり重いので、
フェス用に軽い焚き火台を購入しようか悩み中です。

南駐車場からフォレストキャンプサイトBは歩いて約20分。

今回、女2・男1の3名で行ったので、
荷物を運ぶのが大変だったというのもありますが、
行きは坂道が多く、芝生や砂利道もあったりするので、
キャリーワゴンを引いていくのに一苦労しました…

久しぶりの運動でキャンプサイトに到着した時には息切れ&汗だくでした笑

メインステージ「サンステージ」近くには
フードブースも充実。

タコス屋さんや
ベトナム料理等のエスニック料理屋さん、
ラーメンを販売しているお店なんかもありました!

アルコール類も販売されていました◎
会場内へのお酒の持ち込みは不可、
ソフトドリンクの持ち込みは可となっていました。
(勿論キャンプサイト内はどちらもOKです)

フジアンドサン フード
フジアンドサン フェス飯

画像は魯肉飯!
丘に座って食べながら
青葉市子さんの歌を聴きました♩

実際に行ってみて持っていった方が良いと思った持ち物は以下のとおり。

夏でも意外に夜が冷えたり、突然雨が降ったりするので、
防寒・雨対策は抜かりなくしておくのがオススメです!(実体験に基づく)

<キャンプ用品>

  • テント
  • タープ
  • ペグ
  • ハンマー
  • グランドシート
  • ロープ
  • 寝袋
  • 寝袋マット
  • 焚き火台
  • 防炎シート
  • テーブル
  • 椅子
  • キャリーワゴン
  • クーラーボックス
  • コンロ(夜食・朝食用)
  • フライパン(夜食・朝食用)
  • 食器
  • コップ
  • カトラリー
  • チャッカマン
  • 調味料
  • 調理器具(ナイフ・まな板など)
  • ランタン・ライト
  • ヘッドライト(トイレに行く時道が暗いです)
  • タオル
  • ゴミ袋

<お泊まりグッズ>

  • 歯ブラシ
  • コンタクトレンズ
  • 化粧落としシート
  • ボディシート
  • 化粧水などスキンケア用品
  • 化粧品
  • 充電器
  • 着替え(2日目の服・肌着・下着・靴下など)
  • マスク
  • 寝やすい服

<フェス 内 持ち物>

  • 防寒着(ウルトラライトダウン・フリース)
  • レインコート
  • 帽子
  • サングラス
  • 両手が空くバッグ
  • 日焼け止め
  • タオル
  • ウェットティッシュ
  • 小さいお財布

1年以上ぶりのフェス、本当に最高でした!

荷物が重くて心が折れそうになったり、
夜寒くて早めにテントに入らざるをえなかったり、
2日目は雨に降られて
テントがぐしょぐしょになったりと
予想外のハプニングもありましたが、

夫や友人と美味しいものを食べて、お酒を飲んで、
子供たちに癒されて、
皆んなで音楽にのって、テントで川の字に寝て、
やっぱり音楽フェスは最高ですね!

次回FUJI ROCKに参加予定ですが、
今から楽しみです〜!

フジアンドサン アクティビティ
に投稿 コメントを残す

予約が取れない人気キャンプ場 “ほったらかしキャンプ場”に行ってきました

先日念願のほったらかしキャンプ場に行ってきました!!
ゆるキャンにも登場したほったらかし温泉から徒歩5分ほどの場所にある、
ほったらかしキャンプ場。

ほったらかしキャンプ場

予約はネット予約のみ(電話予約不可)で
基本的に毎月1日の9時から3ヶ月後の予約が開始(1月であれば4月分の予約開始)というスタイル。
私も4月分の予約をすべく、1月5日9時前からスタンバイ。
1月は5日が予約開始日でした。基本的には1日ですが、
たまに変更になるので詳しい予約方法については
公式サイトorインスタグラムのチェックをお勧めします。

9時になるタイミングを見計らって予約ページにアクセスするも、
さすが大人気のキャンプサイト・・・一向にページにつながりません・・・
やっと繋がった!と思った時には40分ほど経っていました(笑)

予約開始から40分も経過しているし、もう予約は埋まっているかな・・と
半分諦めかけながらサイトをチェックしてみると、
この時点ではまだ結構空いてるサイトがありました!!
アクセスが集中していて皆んなページに入れずに40分経ったっていうことなのかな?

無事予約したかったダイノジサイトを予約することができましたが、
私が予約し終わった時には他のサイトもほぼ埋まりきっていました。
予約前にどのサイトを予約するか狙いを定めて、すぐに予約すること必須です!
悩んでいる間に全サイトが埋まってしまう、なんてこともあるのでは。

3ヶ月前に予約し、待ちに待ったキャンプ当日。
天気予報は無念の雨予報・・・
予報では結構な土砂降り予報で普段ならキャンセルも検討するところですが、
今回予約しているのは40分も粘ってやっと予約できたほったらかし!
ちょっとやそっとでは諦めません。特に悩みもせず決行しました!

9時半くらいに東京を出て渋滞もなく、
買い出しでスーパーに寄っても12時半には着きました。
キャンプ場の近くにいくつか大きめのスーパーがあります。

チェックインは13時〜17時なのですが、
キャンプサイトにつき1,000円支払えばアーリーチェックインが可能です。

私たちはダイノジサイト①を利用しました。
ダイノジサイトは全10区画。
”ダイノジサイト”という番号がふられていないサイト1つと
ダイノジサイト①〜⑨という番号がふられたサイトがあります。
スペース的には、2台分の車、テント、タープが入る大きさで、
大人数でいくのであればダイノジサイトがいいのかなと思います。

初めての利用だったので、
どの区画が見晴らしがいいのか等、あまり分からず・・
とりあえず炊事棟やトイレが近いダイノジサイト①を予約したのですが、
景色としてはこんな感じ。

ほったらかしキャンプ場 景色

天気が悪かったのもあり、
思っていたよりも見晴らしが良くなかったかなというのが正直な感想です。
(インスタグラム等であがっている画像は皆さん凄い絶景を載せているので期待値が・・・)
もちろん、晴れ間には富士山も見えましたし、
高台にあるので街や山、雲を見下ろせるのはとっても素敵でした!!!

夜の景色はこちら。

ほったらかしキャンプ場 夜景

行ってみてわかったのですが、
ダイノジサイト①〜⑨がある側は
夜景が綺麗な街に近いサイトとは逆の位置にあるようで、少し夜景から遠いんですよね。

今回の経験を踏まえて、次回予約する時には2点ポイントを抑えておこうと思います…!

<富士山&夜景が見えるサイト>

  • テントを2つ張りたい時はダイノジサイトだが、
    景色を狙うなら「ダイノジサイト(①〜⑨ではないダイノジ)」を狙うべし。
    他のサイトはちょっと夜景から遠い・・・
    ただし、ダイノジサイトは激戦サイトだと思われるので、
    難しい場合はダイノジサイト⑨などもう少し高台にあるサイトの方が見晴らしが良いかも?
  • テントが1つで良いのであれば、
    夜景が近い区画サイト(もしくはハナレサイト)を狙うべし。
    サイトを良く見直したらサイトの説明にも
    区画サイトは「どこからでも富士山と夜景が抜群の景色!」と記載がありますね。
    しっかり見ておけばよかったです!笑

とはいえ、反省点もありますが、
トイレも炊事棟もとっても綺麗で本当に素晴らしいキャンプ場でした!!!

何より絶景のほったらかし温泉が近いというのが最高です!!
いつもは夜はお風呂に入らず、帰宅途中に温泉に寄って帰る、というコースなのですが、
今回は夜に1回、早朝に1回、お風呂に入りました。
朝は日の出1時間前から営業開始しているので、
日の出前に行けば夜景〜日の出までじっくり楽しめます◎

チェックアウトは11時なので、朝お風呂に入って、
ゆっくり朝ごはんを食べて、片付けて・・・で十分間に合いました。

最近できたキャンプ場内にある”Cafe: 山歩 SANPO”にも行ってみたかったのですが、
初日は大雨、2日目は強風だったので断念しました・・
また次回、頑張って予約をとって再チャレンジしたいと思います!

以上、第1回ほったらかしキャンプ場レポでした!